コントローラーの感知端子は何ですか?

いくつかの太陽充電コントローラは、一対の「センス」端子を有する。 センス端子は、ほとんどの場合、約1/10ミリアンペアの非常に低い電流を流すため、電圧降下はありません。 電池の電圧を "見て"、コントローラが出しているものと比較します。 充電コントローラとバッテリの間に電圧降下があると、コントローラ出力をわずかに上げて補正します。

これらは、コントローラとバッテリの間を長いワイヤで接続している場合にのみ使用されます。 これらのワイヤは電流を流さず、非常に小さくすることができます - #20〜#16 AWG。 誤って簡単に切れたり潰れたりしないので、#16を使用することをお勧めします。 コントローラのSENSE端子に接続され、バッテリ側の2本の充電ワイヤと同じ端子に接続されます。